教室のコンセプト・想い/ 中央線武蔵境駅徒歩8分の家庭料理教室【なつやすみ】  単発・マンツーマン・子連れOKのレッスンです

 【中央線の家庭料理教室】 武蔵境駅徒歩8分、単発・個人・子連れOK
なつやすみ【武蔵境駅徒歩8分】五感で作る家庭料理教室

どんな人でも、どんな食事でも、
「美味しく食べる・食べられる」権利がある

Img5832.jpg
料理には、「この通りやれば必ず美味しくなる」「誰にとっても美味しく感じる」といった、
「絶対的な答え」が存在しません。
それは逆に、どんな人・食材でも、「美味しいもの」にすることができるということ。

そのために大切なのは、ただレシピを追うだけではなく、
その時その時の食材の味・大きさ・食べる人の好みによって、調理を変えていくこと
そして、何より欠かせない美味しさは、誰かと一緒に料理を食べる時間だということです。
Img5834.jpg
そんな、誰かと食べる食事の大切さ
直接伝えて共有できる場所を作りたくて、料理教室をはじめました。

料理は、誰かのために作ることが、一番上達します。
この教室では、食材や味付けを1つ1つ皆さんと考えながら作っていきます。


大切にしたい、料理の【五感】

目【視覚】

 ⇒目で量る。目で選ぶ。目で作る。目で味わう。

 実は、「目分(めぶん)」って、結構正確なんです。
 料理のゴールは、その時その時に目分で味付け・火力・食感などを加減できること。
 そして味は勿論、見た目も美味しさの1つ。
 食材の切り方、盛り付け、食器選び、などにもポイントがあります。

耳【聴覚】

⇒火加減を「聞く」。

 この教室では、「何火」という具体的な表現はしません。
 鍋や食材に対して適切な「温度」は、炒める・煮る・茹でる過程で聞こえる音で判断します。

舌【味覚】

⇒味見をする。

 舌は人間で一番確かな記憶を持つものです。
 自分の好み・一般的な「美味しい味」が何かをまず知りましょう。
 また、味付けは、食べるまでの時間・食べる時の温度・食べる量・食べる人の好み・食べる時の組み合わせまで意識して行うことが大切です。

鼻【嗅覚】

⇒匂いで味を見る。臭いで鮮度を見る。

 香りは1番最初に味わう料理です。また、料理の見極めにも役立ちます。

手【触覚】

⇒触って仕上がりを決める。手で盛り付ける。

 手は、食材に一番近く触れられるもの。
 ちょっとした違いもすぐに感じられる、抜群のセンサーです。
 衛生面から、お握りや手ごねハンバーグなどを食べられない子供も増えていると聞きますが、手だからこそ美味しくできることが沢山あります。

1人最低2尾、お魚をさばく
【お魚講座】
1人最低2尾さばく!色んなさばく方法&調理レパートリーが学べる「お魚講座」

個人でオーダーメイドで学ぶ【プライベート講座】
個人でオーダーメイドで学べる「プライベート講座」

テーマに沿って基本が学べる【HarvestBeach】
食べてる食事の「基本」を知ろう【HarvestBeach】テーマに沿って基本が学べる「HarvestBeach」

子供も喜ぶ!大人も満足!【おやつ講座】※休止中
レシピに頼らず、五感で作る「みかく」講座レ子供も喜ぶ!大人も満足!野菜が摂れる「おやつ講座」

レシピに頼らず五感で作る【みかく講座】※休止中
レシピに頼らず、五感で作る「みかく」講座レシピに頼らず五感で作る「みかく講座」

その他特別レッスンや外部のお仕事など
その他特別レッスンや外部のお仕事など